EagleRare
イーグル・レア 10年

本場ケンタッキーの風土でじっくりと熟成されたプレミアム・バーボンウイスキーです。アメリカの国鳥である「鷲(イーグル)」と「稀な・特別な」という意味の「RARE(レア)」を商品名に冠しています。厳選された10年貯蔵の樽を丁寧に手作業でボトリングしています。

EagleRare

DISTILLERY

“米国一”の歴史と伝統を持つバッファロートレース蒸留所

THE WORLD’S MOST AWARD WINNING DISTILLERY

バッファロートレース蒸留所は1773年創業。「O.F.C(オールド・ファイヤー・カッパー)」、「ジョージ・T・スタッグ」、「シェンレー」、「ブラントン」、「エンシェントエイジ」と時代と共に名称が変わり1999年に現在の蒸留所名「バッファロートレース」に変更されました。
蒸留所が建っているケンタッキー州リーズタウンはかつて、野生のバッファローの“通り道(トレース)”だったことが由来です。

DISTILLERY

当蒸留所は1886年に米国で最初に蒸留熱を使用し蒸留を行った近代的蒸留所として建設。建設以来、禁酒法時代においてさえ薬用酒として連邦や州政府からウイスキー製造が認められており、現在操業し続けている蒸留所としては全米で最も古く長い歴史を持つ蒸留所です。世界的に著名なウイスキー業界誌ウイスキーマガジンでは2005~2007の3年連続でDistillery of the Year(世界で最も優れた蒸留所)にも選出されています。

DISTILLERY

MOVIE

QUALITY

伝統の製法を、近代的に発展。

伝統の製法を、近代的に発展。

EagleRare蒸気熱を使用するのは、蒸留時だけではない。寒冷期でも倉庫内で継続的に樽熟成が行われるよう、蒸気熱を利用。倉庫内の温度を常時適温にコントロールすることで、安定的なバーボンづくりを可能にしている。こうした温度コントロール・システムを完備したのも、米国ではこのバッファロートレース蒸留所が最初。世界的に著名なウイスキー業界誌「Whisky Magazine」による「Distillery of the Year(世界で最も優れた蒸留所)」に2000年、2005年、2007年と選出されている。