<国分専売商品>日本酒

長野県

雪国(黒澤酒造) 信州北八ヶ岳山麓標高800Mの町「佐久穂」、日本一長い川「千曲川」の最上流に位置する酒蔵です。冷涼な気候と澄んだ空気、良質な千曲川の伏流水を生かし、創業以来160年、地域に根差した濃醇やや辛口の酒造りを行っています。

三重県

勘兵衛(宮﨑本店) 三重県の土地に鎮座します伊勢神宮と家号に因んだ「宮」、鈴鹿連峰の山並みに積もる「雪」を銘柄の由来とする「宮の雪」純粋酵母と手作りの麹を使用し低温でじっくり丁寧に発酵させたこだわりの清酒です。口に含んだ瞬間広がるふくらみのある香りとふくよかな甘み、かすかな酸味が特徴で、飲み飽きしない綺麗な味の日本酒です。

京都府

京舞妓(山本本家) 1677年(延宝5年)に当時の伏見の中心地である「油掛町」で初代源兵衛が商いを起こし以来340年に渡り代々「源兵衛」を襲名、現在は11代目山本源兵衛が「品質本位」そして「食事と共に美味しいお酒を造り続ける」事をモットーにその歴史と老舗の看板を守り続けています。

兵庫県

六甲酒館(辰馬本家酒造) 創業350余年にわたり、「酒はつくるものでなく、育てるもの」を信条に、その技を伝承してまいりました。白鹿は「喉越し良く、甘すぎず辛すぎない、いつまで飲んでも飲み飽きしない旨口の酒」を醸し続けています。

酒道粋人(沢の鶴) 1717年、灘五郷のひとつ西郷の地に創業した沢の鶴は、灘本流の酒造りによる伝統の技と品質を大切にしたおいしいお酒を現代へと伝え続けています。沢の鶴の灘本流の酒造りとは、酒米の王様「山田錦」をはじめとする厳選された酒米、仕込水に日本の名水百選「宮水」を用い、「丹波杜氏」伝承の醸し技によって造られるお酒です。

ご質問・ご相談に関しては
こちらからお問い合わせください。