国分グループ、サプライチェーンの自動化と新たな購買体験の提供を手掛ける ROMS社と資本・業務提携契約を締結

2021年01月06日

国分グループ本社株式会社〔本社:東京都中央区、代表取締役会長兼CEO:國分勘兵衛〕は、小売店舗含めたサプライチェーンの自動化と新たな購買体験の提供を手掛けるスタートアップ企業である株式会社ROMS〔本社:東京都品川区、代表取締役:前野洋介〕と資本・業務提携契約を締結いたしました。

1.目的

国分グループは、ベンチャー企業やスタートアップ企業との協業で、「新しい流通様式」の構築を進めています。また、ROMS社は、オペレーションをデジタルと自動化の力で最適化し、新たな購買体験を提供する企業です。
本件の取り組みは、新設したイノベーション推進部の最初の案件として、国分グループが持つ流通のノウハウとROMS社が持つロボティクス・デジタル技術、および購買体験の創出のノウハウを組み合わせることで、消費者に対して、新たな購買体験を提供するとともに、小売店舗やサプライチェーンにおけるオペレーションの自動化をすすめ、新たな食の価値創造を提供してまいります。

2.提携先の企業概要

商号:
株式会社ROMS

所在地:
東京都品川区

事業内容:
ロボティクス・自動化関連ソリューションおよび購買体験の企画、開発、販売

代表者:
代表取締役 前野洋介

3.業務提携日

2020年12月21日(月)業務提携契約を締結

報道・取材に関する
お問い合わせ

03-3276-4121

受付時間:9:00~17:30

※ 土日祝日を除く

国分グループ本社(株)経営企画部 広報課
〒103-8241 東京都中央区日本橋1-1-1