国分グループ、『パン粉の未来を考える』を発信

2020年10月06日

1.背景

国分グループは、「食のマーケティングカンパニー」の実現のため、「未来予測」をテーマとした食の未来を読み解く提案で、グループ全体のマーケティング力と営業力の強化に取り組んでいます。その一環として、食品総合卸でありパン粉の製造メーカーでもある“国分グループ”が、今回『パン粉の未来を考える』を作成・発信しました。

2.目的

パン粉市場は、世帯人数や調理機会の減少で、一般家庭での消費は縮小の傾向にあります。しかし実際には、喫食の場面では冷凍食品や惣菜、外食店などのメニューや商品として、私たちのさまざまな食生活で使われています。また、直近では新型コロナウイルスの感染拡大により内食需要が増加、揚げ物を手作りする人が増えたことでパン粉の価値が改めて見直されました。揚げ物以外にもお好み焼きなど今までになかったメニューへの広がりが見られることから、パン粉市場の未来は明るくなったと考えられます。

『パン粉の未来を考える』は、さまざまなデータ分析や生活者へのアンケート調査、メーカーへのヒアリングなどからパン粉市場を読み解き、その未来がどうなっていくのかを示した未来予測です。パン粉市場の「これまで」を把握し、今後どのように変わっていくのかを様々な軸で分析し、2030年頃の市場を予測しています。そこから「何が売れるのか、どうすれば売れるのか」という提案活動につなげてまいります。

3.対象カテゴリー

パン粉

4.概要

『パン粉の未来を考える』表紙

パン粉の基礎知識、パン粉市場の特徴、ライフスタイルの変化から予測するパン粉
市場の動向、2030年頃のパン粉市場 など

5.発行日

2020年10月

レポート内容に関する
お問い合わせ

国分グループ本社(株)
マーケティング企画部 企画課
〒103-8241 東京都中央区日本橋1-1-1

報道・取材に関する
お問い合わせ

03-3276-4121

受付時間:9:00~17:30

※ 土日祝日を除く

国分グループ本社(株)経営企画部 広報課
〒103-8241 東京都中央区日本橋1-1-1