サステナビリティへの取り組み
  

地域社会との取り組み

身近な存在で暮らしを豊かに

国分グローサーズチェーンが展開するコンビニエンスストア「コミュニティ・ストア」では、食品ロス削減のための食品ロス解決アプリ「No Food Loss」、廃棄物排出抑制のための傘のシェアリングサービス「アイカサ」、旅行者などをはじめとする外出中の充電ニーズや災害時の緊急モバイルバッテリーとして持ち運び可能なスマホ充電器シェアリングサービス「Charge SPOT」を導入しました。
従来のサービスに加え、お客さまとともに取り組む「社会課題の解決」として取り組んでまいります。

コミニュティストア
アイカサ

傘のシェアリングサービス「アイカサ」

No Food Loss

食品ロス解決アプリ「No Food Loss」

Charge SPOT

充電器シェアリングサービス「Charge SPOT」

地域活性化の取り組み

国分グループでは、各地の農水産物や特産品を生かした商品づくりを進めており、地域との連携を深めています。
国分北海道から国分九州まで各社が独自で商品を開発し発売しています。
これらの商品を通して地域の産業を応援していきます。

エリアカンパニー開発商品例

国分北海道 缶つまJAPAN

国分北海道 缶つまJAPAN
「北海道池田町産いけだ牛ワイン煮」

国分東北ブランド 乾物シリーズ

国分東北ブランド 乾物シリーズ
山海の郷(さと)、山海の季(とき)

日本橋江戸そば

国分首都圏
日本橋江戸そば

「海苔バター」

佐賀市漁村女性の会×国分九州
「海苔バター」

バングラデシュ南部避難民のために

ミャンマーの国分グループ企業KOSPA社は2019年より赤十字国際委員会と共同でバングラデシュ南部避難民救済のため、人道支援物資の保管・運搬を開始いたしました。

KOSPA

難民キャンプへ週3回程度、90万人以上の難民に向け年間約200回の運搬を行っています。

救援物資の種類

シリアル食品 、乳製品栄養補助商品、栄養治療商品、保険関連物資、水、OTC医薬品、ワクチン(要冷)、衛生用品、基礎医療器具、衣類など

  1. 地域社会との取り組み