特徴

マーチャンダイジング機能

国分関信越の管轄は、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、長野県、新潟県の6県となり、人口では全国の14%、面積では13%を占めます。

生活者の皆様に対してメーカーと小売業との協業により「安心・安全で美味しく、健康にも良い商品」を創造・発掘・選択し、適時、適価でお届けすることが我々のマーチャンダイジングです。

生活者の食文化や食生活に寄り添った商品提案を構築してまいります。

国分関信越の独自機能

「日本海から太平洋」まで通ずるこのエリアでは、様々な食生活が営まれてきました。住んでいる人には「当たり前」の食材も、外からみれば「珍しい」食材に変わります。そのような食材を自分達、また、行政・金融機関・教育機関・JAなどの外部との協業を通じて、発掘し、製造メーカーと共に丁寧に育成し、生活者へ届けてまいります。

 

■商品発掘の実際は、「自慢」のページをご参照ください。

リテールサポート機能

生活者の生活習慣は同じエリアでも様々です。但し、「人が集まる場所に商売がある」ことは普遍です。「いつ、どこで、何のために」人々が買い物をするのか、どうすれば買い物に来てもらえるのか、生活者の目線で考え、売場に対して企画提案を行うことが我々のリテールサポートです。

生活者の生活習慣や生活環境に寄り添った売場提案を構築してまいります。

国分関信越の独自機能

県別に昨年度の日別気象や週次POS(販売)データなど各種データを基に本年度3か月先の月次販促カレンダーを作成し、小売業に提供しています。各種情報を県別に作成することで、よりエリアの「生活者の生活習慣や食生活」に合わせた「販促企画」を創造することができます。

健康応援フェア

国分グループ本社、提携先の東邦薬品管理栄養士チームの協力を仰ぎながら、ますます増加する高齢者の方に対して「骨の健康」や「血管年齢」をチェックできる機器を使い、「健康応援フェア」を小売業店頭で実施しています。「来店客の健康を促進し、定期的に行うことでお店のファンとなって頂く」ことが目的です。

物流機能

国分関信越では、栃木・茨城・群馬・埼玉・新潟・長野の6県、東西220km、南北400kmの広大な範囲をカバーし、エリアに密着した物流だけではなくエリアをまたぐ幹線ネットワーク網の構築により、地域No.1の卸売業を目指しています。

物流拠点

国分関信越では、母船型の物流センターを各県に配置し、専用センターを含む12拠点の物流網でお得意先へのきめ細かな商品供給を行っています。また、茨城では当社初の3温度帯の総合センターの開設を行い、幅広いお得意先のニーズに対応できるよう物流体制の強化を図っています。

拠点 住所 カバーエリア
小山センター 〒323-0808
栃木県小山市大字出井1211-4
栃木県
茨城総合センター 〒315-0002
茨城県石岡市柏原6-4
茨城県
前橋センター 〒379-2131
群馬県前橋市西善町635-1
群馬県
熊谷センター 〒360-0023
埼玉県熊谷市佐谷田字山神1777 ソシオ流通センター
埼玉県
新潟センター 〒959-0413
新潟県新潟市西蒲区升潟5080
新潟市近郊
長野センター 〒387-0007
長野県千曲市屋代字升の浦4198-1
長野県

他6拠点