私たちの特長

会社特徴

九州全県に拠点を置く私たちは、「地域密着全国卸」としてのネットワークを活かし、九州・沖縄の豊かで魅力ある食の「おいしい」「たのしい」をお届けし、食に関するあらゆる人々のしあわせを創造いたします。これからも、お取引先そして個性豊かな社員と一緒に地域貢献度No.1卸を目指します!

福岡本社は幅広い世代の社員たちが活躍中!

幅広い世代の社員が活躍している福岡本社は、異なる部署が同じフロアに存在し、業務の伝達がしやすいオフィスです。ちょっとしたきっかけから会話が生まれやすく、社員間のコミュニケーションもスムーズで活気があります。

コロナ拡大前は部署を超えて社員が集合し
送別会を開催しました

新上五島町での交流イベント

「地域密着全国卸」の国分九州の特徴として、島の数が日本一である長崎県の離島にも営業所があります。
離島営業所のひとつ、新上五島町の有川営業所と九州エリアの社員が集まり、毎年交流会を開催しています。美しいビーチでの海遊びと地産の新鮮なアワビやサザエを堪能できます。

上五島に九州エリア社員大集合
五島の美しいビーチ

取り扱い商品の特徴

国分九州の管轄は、福岡県、長崎県、佐賀県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県の8県となり、人口では全国の約11%、面積では約12%を占めます。
私たちは、九州・沖縄の各地域が持つ食文化を大切にし、その発展に向けた活動を通じ、地域貢献度No.1卸を目指しています。国分グループの約10,000社の取引メーカー様、商品ラインアップ数約60万アイテムを武器に、また九州・沖縄の食にこだわり、各産地の「おいしい」を全国に発信しています。九州の行政や、教育機関、金融機関にJAなどとの取り組みを通じて、あらたな商品を発掘・育成し、生活者へ届けて参ります。
地域に眠る魅力を世に送り出すのは、私たちの重要な使命だと考えています。九州には、 地理的表示制度(GI)に認定された「壱岐焼酎」「球磨焼酎」「琉球泡盛」「薩摩焼酎」の4つの産地があり、国際的にもブランドが保護されています。これにより、その地域で生産され、決められた製法で造られたものでなければ、これら産地を冠した呼称を使う事が出来ません。商品を発掘・販売するにあたっては、そうした商品にまつわるストーリーも大切にしたいと考えています。

  • 地理的表示制度(GI)とは、地域の共有財産である「産地名」の適切な使用を促進する制度です。お酒にその産地ならではの特性が確立されており、産地からの申立てに基づき、国税庁長官の指定を受けることで産地名を独占的に名乗ることができます。

熊本ワイン

宗政酒造

高橋酒造

井口食品

アジア食品

ミツイシ

ヒガシマル

友桝飲料

九州は焼酎アイランド
焼酎アイランド

国分九州で働く魅力

国分九州には九州以外の出身社員が多く、九州で大活躍しています。
九州以外の出身者だからこそ感じる、「九州で働く魅力」「国分九州で働く魅力」を聞きました!

  • 担当業務は取材当時のものです

2016年入社 福岡本社(営業)

出身地:埼玉県
現在、冷蔵・冷凍商品を中心に営業をしています。
私は埼玉県出身で、就職で初めて九州に住むことになりました。
九州はとにかく「ごはんが美味しい」です!!
営業活動において、熊本の「南関揚げ」や福岡の「おきゅうと」など今まで知らなかった商品を知り提案する中で、九州の魅力を「食」を通じて強く実感すると共に、「地域密着 全国卸」の国分九州だからこそ、九州の「美味しい」を全国へ発信できる「仕事の魅力」と「仕事の楽しさ」を日々感じています。
最初は知らない土地での生活に慣れないことも多かったのですが、会社の先輩方に生活から仕事まで様々な面でサポートしていただき、九州で充実した生活を過ごしています!

小暮 みのり 第一支社第二支店(営業)

2018年入社 鹿児島支店(営業)

出身地:山口県
出身が山口県ですので九州は身近に感じていましたが、国分九州に入社し九州に住み、そして仕事をする中で「薩摩」や「壱岐」、「球磨」など地名の付く美味しいお酒が数多くある事を知りました。古くから地域に根ざした酒文化の奥深さを学ぶことで、九州のお酒の魅力を感じながら、また仕事へのやりがいと少しずつですが自身の成長も実感する日々を過ごしています。
飲み方がひとつ変わるだけで、様々な楽しみ方が出来る九州の魅力的なお酒を「地域密着全国卸」の国分九州から全国へ発信していきます!

井上 真尚 鹿児島支店(営業)

若手からベテランまで、九州以外の出身者が大集合!

石崎 智之 第一支社第二支店(営業)、上田 和樹 マーケティング部企画課、今井 博臣 執行役員、武藤 柊  第一支社第二支店(営業)
左から
2015年入社 福岡本社(営業) 出身地:石川県
2002年入社 福岡本社 マーケティング部 出身地:茨城県
1990年入社 代表取締役社長執行役員 出身地:京都府
2018年入社 福岡本社(営業) 出身地:東京都

地域貢献度No.1卸を目指す国分九州のお仕事をご紹介します!

営業部署~普段のお仕事を一部紹介!~

営業担当として、スーパーマーケットやドラッグストアへ加工食品やチルド食品の商品提案、売り場作りの提案があります。
主に、春夏と秋冬向けとして、年に二度程実施される棚割では、事前作業としてお得意先の戦略や意向をしっかり汲み取り、メーカー様の提案を受け、卸の営業としての調整を図ります。棚割本番では、バイヤーやメーカー様と一緒になり、実績を分析し、市場のニーズを考え、あるべき売り場を作っていきます。
そのためには、変化する市場動向を素早くキャッチし、トレンドをおさえ、時には先取りすることも求められます。もちろん、これらの作業には難しさはありますが、自らが発掘した商品が採用され、売り場に並んだ時などには、大変達成感が得られますし、やりがいを感じられる仕事です!

  • 棚割とは、、商品を売場の陳列棚のどこに、どの位陳列するかを計画することをいいます。 棚割の目的は、消費者にとっていかに買いやすい買場を作るか、また売り手にとっては限られた店頭というスペースの中で無駄を少なくし、消費者が求める商品を一人でも多くの消費者に手に取ってもらい、購入に繋げることです。
営業担当の大分支店 片渕さん
大分支店 営業担当
棚割風景
棚割風景

低温フレッシュ・フードサービス事業部~普段のお仕事を一部紹介!~

低温フレッシュ・フードサービス事業部は、内食ユーザー、中食、メーカー原料、給食・介護等を主たる顧客としている部署となります。
その顧客先の健康・介護事業の中で病院や介護施設向けに献立作成に取り組んでいます。
試行錯誤しながら献立を組み立てた後、実際に調理して試食・検討会を行い、味やボリューム感・彩り等を確認します。
お客様の様々なニーズに柔軟にご提案できるよう、妥協を許さないことでスムーズに進まず苦戦することもありますが、こだわり抜いた献立が完成し利用者の方が美味しく召し上がって下さる姿を想像するとやりがいと次回の提案に向けての力が湧きます!
高齢化が進む中、健康・介護事業に力を注ぎその中の一つとして献立提案が皆様の役に立ち、食のサポートができるように取り組んでいきます。

献立作成・調理を担当する低温フレッシュ・フードサービス営業業務課の荒木さん

献立を作成し調理中

献立例

献立例

試食・検討会風景

試食・検討会風景

マーケティング部(商品課・企画課)~普段のお仕事を一部紹介!~

国分九州フェスタ

年に2回(夏・冬)開催される展示会の企画・運営を担当。
2019年1月に行われた「第33回国分九州フェスタ」には過去最大数287社の企業様が出展。
当日は600名を超えるお客様にご来場いただき、会場内は1日を通して活気に溢れる展示会となりました。

企画ブースができるまで

1.テーマ決め
1.テーマ決め
2,根拠となるデータの抽出や企画書の作成
2,根拠となるデータの抽出や企画書の作成
3.試食や試飲などを行い、並べる商品を選定
3.試食や試飲などを行い、並べる商品を選定
4.企画ブース完成
4.企画ブース完成

第33回フェスタでは、高まる防災意識に対し定番備蓄と家庭内備蓄の2つの観点から捉えた「防災企画」や酒類の新たな需要創出として女性の飲酒シーンにターゲットを置いた「女性に向けた酒類提案」などを展示しました。

メーカー商談

メーカー様の窓口として、商談の機会があります。
新商品や、売り出したい商品のご紹介など、商品の情報収集はもちろんのこと、九州エリアでどのように展開していきたいかなどのご相談なども受けます。また、今までに取引のないメーカー様との商談機会があることもあり、展示会と並び商品発掘の場でもあります。
さらに、商談で得た情報やご紹介いただいた商品を営業へ向け発信します。

メーカー商談風景 商品課 向林さん
メーカー商談風景

物流・システム部~普段のお仕事を一部紹介!~

物流・システム部では、新規センターの立ち上げも行っており、直近では、介護事業や外食チェーンへの業務用商材の供給を行うセンターの立ち上げを行いました。
『食の供給』の面でインフラを支え、物流会社や各部署との調整役を担うことで、安定した物流運営を行っております。
その物流運営の中で各拠点のセンターに入り、自動輸送システムや庫内生産性管理システムといった機械化の導入も進めており、日々新しい挑戦を行うことで物流現場の改善に努めています。
また災害が多いと言われる日本では、豪雨や地震など自然災害を避けることができません。万が一の時にも適切な対応ができるよう、使命感を持って日々事前準備やシミュレーションをしっかり行い、日本そして離島を含む九州の人々の「食の供給」を支えているという誇りと大きなやりがいを日々感じています!

物流・システム部の緒方さん
福岡総合ロジスティクスセンターを視察
生産性管理システムの導入を検証中
生産性管理システムの導入を検証中

国分九州では女性が大活躍!

大活躍の社員に取材をしました。

  • 担当業務は取材当時のものです

2016年入社 福岡本社(営業)

福岡本社で広域量販店の営業担当です。
国分九州入社後はマーケティング部でマーチャンダイザーとして流行や市場を鑑み、売れる商品を発掘する仕入担当として1年目から活躍。その経験が現在の営業職で大きな強みとなり、お客様の要望と合致し初めて商品が採用された時は、これまで得てきた経験が活かされる喜びと営業としての「やりがい」を実感したそうです。
また卸の仕事は自分一人では完結できない、だからこそ社内外の様々な人達を巻き込み「信用」を積み重ねながら次の400年に続く、国分ファンを更に増やしていきたい!と意気込みを語ってくれました。
食べる事が大好き!ということで、休日はトレンドグルメや九州各地の美味しいお店巡り、そして頑張った自分へのご褒美として、ちょっと贅沢なランチでリフレッシュしているそうです。

吉田 彩香 第一支社第一支店(営業)

営業担当のある日の1日

営業担当、吉田さんのある日の1日

2004年入社 第二支社(長崎)営業業務課

長崎で経理と総務業務を担当しています。
旦那様と分担しながら育児や家事をこなし、忙しい日々を過ごしながらも仕事と家庭をしっかり両立されている第二支社の働きママ代表です!
最近はおうち時間が増えたことで旦那様がより積極的に家事や育児に協力してくれていて、仕事に集中できる時間が増えたそう。
休日は家族そろってVファーレン長崎のテレビ観戦が楽しみなんだとか。
しっかり者で九州エリアの幅広い社員から頼りにされています。
これからも家庭を大事にしながら仕事に励みたいと日々輝いています!

寺坂陽子 第二支社販売業務課

営業業務課担当のある日の1日

タイムスケジュール