特徴

マーチャンダイジング機能

社屋の1階に2つの棚割ルームとキッチンスタジオを設置。中部エリアお取引先の新商品商談会、販促商談会、棚割シミュレーションルームとして広く利用されています。また、新商品試食会などの社内勉強会向けにも活用しています。棚割に関しては、実際に商品を並べ、売場が再現でき、棚の本数も多いことから、お得意先からも高い評価を頂いています。

リテールサポート機能

食を通じてこころ豊かなくらしをお届けしたい

岐阜県高山市は2,177㎢の面積(東京都とほぼ同じ面積)があり全国で最も広い市町村である一方、2016年8月の人口は90,149人と人口密度が非常に低く、また高齢者の比率も高いエリアです。2016年8月、国分中部はこの地域のいわゆる「買い物弱者」と呼ばれる方々に、高山米穀協業組合様とカタログ販売による買い物支援を開始しました。この地に根差し、寄り添うことも、大切なリテールサポート機能の一つです。

地域に密着した全国卸として

2016年5月26日に開幕した伊勢志摩サミットは、翌27日、オバマ大統領の広島訪問へとつながり、歴史的イベントとなりました。全国の視線が三重県に集まる中、国分中部は三重県庁推薦の商品を全国に紹介し、大手量販店で三重県商品が拡売されました。また、地域の銀行とも連動して、これからも東海・北陸の「美味しもの」を発掘し、全国発信していきます。

物流機能

国分中部は、複数の小売業やメーカーと調整し、それぞれに合ったリードタイムとロットを設定。「メーカーの製造機能」と「小売業の販売機能」を結び、主体的に生産から消費までの支援・提案活動を担っています。

物流拠点

国分中部は東海4県北陸3県の計7県を管轄し、12拠点の汎用物流センターを展開しています。各拠点があらゆるお得意先へ出荷を行う多企業・多店舗・多業態対応型の複数カテゴリー物流センターとして、物流拠点の統廃合、共同配送、在庫の共同利用等の実現により物流効率化に大きく貢献し、幅広いニーズにお応えしています。

拠点 住所 カバーエリア
白山物流センター 〒924-0855
石川県白山市水島町592-1
石川県
富山県
稲沢流通センター 〒492-8021
愛知県稲沢市赤池東山町141
岐阜県南部
名古屋市近郊
伊勢支店倉庫 〒515-0505
三重県伊勢市西豊浜町656-8
三重県中南部
三河流通センター 〒470-0213
愛知県みよし市打越町山ノ神10-1
愛知県東部
焼津流通センター 〒421-0216
静岡県焼津市相川2002
静岡県

他7拠点