特徴

マーチャンダイジング機能

独自性の提供を通じてお得意先およびメーカーさまに対して食のマーケティングカンパニー国分としての存在感を発揮していきます。

マーケットニーズを把握したマーチャンダイジング機能の強化を図り、お客さまの売上拡大を支援していきます。

国分フードクリエイトの独自機能

「メーカー(製造卸)」として、「健康」「美味しい」「満足」の独自性のある商品開発を進めています。

「美味しい」…原料、製法にこだわった美味しさを追求します。

「健康」…少子高齢化社会の今、健康への関心が高まり続けています。人々の健康課題を解決する社会的価値のある商品を目指します。

「満足」…国分グループのみならず、消費者やお得意先、お取引先が満足できる商品開発を行います。

品質管理機能

生活者の食の安全・安心を第一に、製造にも販売にも気配りできる問屋ならではの品質管理を実践し、自ら積極的に関わることで低温食品業界の健全な発展に寄与することを目指しています。低温食品の品質管理について10領域の活動方針を定め、365日体制で機能を果たします。

国分フードクリエイトの品質管理の独自機能

当社独自に品質管理成長プロジェクトを立ち上げ、10領域の活動について月次単位でPDCAを回し、品質管理の強化に取り組んでいます。中期施策として、「4M管理で健全な卸基盤を構築する」をテーマに掲げ、攻めの品質管理を展開しています。(当社の表現する4Mとは man(MD・営業)、material(商品)、machine(工場)、method(手段・プロセス))

物流機能

当社は国分グループが全国で展開中の三温度帯総合センターを拠点インフラの中心に据え、低温物流サービスを強化しています。

その特徴として

  • センターを起点としたエリア内のキメ細かい配荷力
  • チルド、冷凍食品、冷菓の共同配送
  • フローズンチルド、キットアソート等の流通加工
  • メーカー工場、産地とセンターを結ぶ調達ネットワーク

が掲げられます。
小売業のバックヤード機能としての物流サービス強化に日々邁進しています。

物流拠点

拠点 住所 カバーエリア
船橋日の出センター 〒275-0015
千葉県船橋市日の出2-16-3
東京東部・千葉
三郷低温センター 〒341-0056
埼玉県三郷市インター南1-3-1
埼玉・千葉・東京
板橋低温センター 〒175-0081
東京都板橋区新河岸1-2-2
埼玉・東京
西東京低温センター 〒196-0021
京都昭島市武蔵野2-10-23
東京西部・神奈川北部
藤沢低温センター 〒251-0862
神奈川県藤沢市稲荷520
神奈川
行田低温センター 〒361-0023
埼玉県行田市長野5-9-7
埼玉・群馬
茨城低温センター 〒315-0002
茨城県石岡市柏原6-4
茨城・栃木
仙台低温センター 〒981-3206
宮城県仙台市泉区明通3-1-1
宮城・福島
関西低温センター 〒566-0043
大阪府摂津市一津屋3-21-1
近畿2府4県・四国エリア
尾道低温センター 〒729-0142
広島県尾道市西藤町長黒291-1 シモハナ物流尾道営業所内
岡山・倉敷・広島県東部エリア
広島低温センター 〒733-0832
広島市西区草津港2-8-7 シモハナ物流広島西営業所内
広島・岡山エリア
防府低温センター 〒747-0014
山口県防府市江泊2485-1
山口・広島・島根・北九州エリア
松江低温センター 〒699-0108
島根県松江市東出雲町出雲郷1407-1
島根・鳥取エリア

他16拠点