国分首都圏採用情報

先輩社員からのメッセージ

第一営業本部第三支社第一支店
営業職
2008年入社

この会社を選んだ理由

就職活動時に衣食住に関わる仕事に就きたいと考えていて、その中でも食品という人々に身近な商品を扱ってる当社に惹かれました。 他社と比較して人間性を重要視する点も選んだ理由のひとつです。その特徴として面接がすべてマンツーマンで行なわれており、また面接担当者も人事総務部以外の社員が担当していることです。 入社前は全国の隠れた逸品を発掘し世の中に広める仕事をやりたいと思っていて、入社してから商品担当として商品を学び営業担当者として、それらを提案する業務を担当することができました。 この会社に入社して良かったことは食品の重要性を再認識したことです。食品の重要性というのは消費者に新しい商品を提案し食を豊かにするのはもちろんですが、アレルギーや異物混入を起こさせないためにどのようなチェックが必要なのか理解できたことです。

今、どんな仕事をしていますか?

現在の仕事は百貨店を担当しています。百貨店といっても仕事の内容は様々です。 一番大きな売上はギフト事業ですが、その他にも新規事業も積極的に提案しています。 ある日、当社の展示会に来ていただいたバイヤーと話をしていてペットフードの話になりました。 そのお得意先もインターネットにてペットフードを取り扱っていましたが、帳合に入っている問屋の提案力が弱く困っているとのことでした。 そこで当社と資本提携しているエコートレーディング(株)様と共同で提案を行い、無事に採用されることとなりました。 当社の機能を知っていただき、お得意先はもちろんですが、エコートレーディング(株)様の新たな販路を作ることができ、大変うれしかったです。

国分首都圏の魅力

国分首都圏は16年1月に新たな体制でスタートした会社です。 出身会社がそれぞれ異なり、話をしてみると問屋という業界の奥深さを知ることができます。 私のいる支社の中だけでも、百貨店に商品を提案し、納品する部署や、百貨店の店舗にテナントとして入り小売業をしている部署があったりと、 私が今まで思い描いていた問屋とはまた別の一面を知ることができます。国分首都圏の従業員は若い人からベテランまで幅広い年齢層の社員がおり、 仕事の悩み事について相談したりアドバイスをもらったりしています。国分グループ全体に言えることですが、飲みにケーションが多く、 食べ物に興味がある人にとっては良い環境だと思います。

未来の仲間へ向けてメッセージ

国分という会社は歴史がありますが、過去を重んじるだけでなく、新しい分野にもどんどん挑戦していく会社です。 また世の中の食のインフラを支えるという大切な役割を担っています。私は2011年の東日本大震災のとき仙台に赴任してました。 震災直後、人々が困ったのは食事です。そのときは倉庫にある食品をピッキングし、配送しました。 泥臭い仕事もすべて、誰かの食卓にあがる商品を供給するという目的があるのでやりきることができました。 私はこれからも「食を豊かにする」ことを目標に仕事に邁進します。皆さんと近い将来お会いできることを楽しみにしております。

先輩社員一覧

  1. 先輩社員からのメッセージ