国分首都圏採用情報

先輩社員からのメッセージ

販売業務一課
事務職
2016年入社

この会社を選んだ理由

「食べているときが一番幸せそうだね。」友人と食事をするとよく言われる言葉がきっかけでした。 人を幸せにする力をもつ食に関わる仕事がしたい。食べ物は毎日口にする生活に欠かせないものである上、その記憶は強烈だと思います。 私の幼少期の旅行やイベントの思い出はそのとき食べたおいしいものから思い出されることが多いです。 そのため、食を通じて人々に楽しみとおいしい記憶を届ける仕事がしたいと考えていました。 でもそれって具体的にどんな仕事だろう。どこでできるだろう。そんなときに大学内で行われた国分の説明会に参加しました。 食品業界というとメーカーや外食というイメージが強かったのですが、そこで初めて卸という業態を知りました。もっと知りたいと思い、 国分の単独の説明会に参加し、ここだ!!と感じました。取り扱う商品の幅の広さとつながりをもつすべての関係先を大切にする心意気、 そしてすれ違う社員の方々が当たり前のように、通りすぎる際にあいさつをしてくださったことから、絶対に国分に入社したい、と思いました。

今、どんな仕事をしていますか?

スーパーマーケットへ納品する商品を倉庫に仕入をして、在庫管理する販売業務を担当しています。 日々、倉庫から出荷され、スーパーマーケットに納品される商品量を見ながら、メーカーに発注をする仕事です。 仕事にやりがいを感じる瞬間は、自分の担当するスーパーマーケットを訪れたときです。自分の発注する商品が実際に店舗に並んでいるのを見ると、 自分が食の流通の一部を担っていることを実感できます。また、実際売り場でどのように販売されているかを観察することで仕入の仕方に工夫ができます。 特に新商品はどんな売れ方をするのか予測するのがなかなか難しく、どれだけ在庫をすればよいのか迷うことがあります。 もちろん営業担当と相談しながら仕入をしていくのですが、売り場でどのように取り上げられているのか、売り場以外でもテレビCMが放送されているのか、 電車のつり広告になっているのか、そういった商品の情報を仕入をする立場として知っておく必要があります。そ の情報が活きた仕入ができたときはやはり嬉しいものです。

国分首都圏の魅力

国分グループの説明会に行ったとき、すれ違う社員のみなさんが自然と「こんにちは。」と挨拶をしてくださったことが強く印象に残っています。 そして、面接をしてくださった方、内定後の懇親会でお会いした方に、入社後にお会いするとみなさんが顔を覚えてくださったことにとても驚きました。 1回しかお会いしたことがない方も次にお会いする機会があると、必ず顔を覚えていてくださいます。その人柄の良さが国分の一番の魅力であり、財産なのだと思います。 300年の歴史はこうして出来たのだと思いますし、自分もその一員として恥じない人間でなければならないと思います。

未来の仲間へ向けてメッセージ

些細なきっかけがたくさん重なってこの国分グループに辿りつきましたが、国分に入社して良かったと心から思います。絶対に国分に入社したい、あのときの気持ちをずっと忘れずに業務に取り組みたいです。食を通じて人々に楽しみとおいしい記憶を届ける仕事がしたい。当初の想いは少しずつ叶えられています。これからどんな形でそれを実現していくか、業務を経験していく中でもっともっと考えていかなければならないと考えています。これから、研修の一環で営業同行が始まります。販売業務とはまた違う仕事を通して、さまざまな視点から業務を考えられる人間になりたいです。

先輩社員一覧

  1. 先輩社員からのメッセージ