グループニュース

国分フードロジスティクスマレーシアがクアラ・ルンプール郊外で4温度帯物流センターを稼動

国分グループ本社(株)〔本社:東京都中央区、会長兼CEO:國分勘兵衛〕のグループ企業で、マレーシアで物流事業を展開するKokubu Food Logistics Malaysia Sdn. Bhd.(本社:セランゴール州、代表者:Mr. Lim Chee Khoon)は、クアラ・ルンプール近郊に低温物流センターを開設いたしました。


 

1.同センターの位置づけ
国分グループとTexchemグループは、2016年に低温物流事業会社のKokubu Food Logistics Malaysia Sdn. Bhd.を合弁で設立し、マレーシア国内の外食事業者、小売事業者の物流受託業務を行っています。今般、マレーシアのクアラ・ルンプール近郊にあるシャー・アラム(Shah Alam)に低温を中心とする4温度帯対応の物流センターが稼動したことで、マレーシア国内にて、低温加工食品のコールドチェーン物流機能を発揮してまいります。シャー・アラム(Shah Alam)には3つの主要高速道路(“Kesas Highway”“Elite Highway”“NKVE”)がありマレーシア半島全域への配送が可能となります。


2.センター概要
名 称:KFLM Shah Alam Warehouse
所在地: Lot 22204,Jalan 33/52,Seksyen 33,40400 Shah Alam , Selangor , Malaysia
対応カテゴリー:冷凍食品、チルド、加工食品(米、チョコレート)、青果など
延床面積:    99,838 sqft
対応温度:    冷凍(‐18 ℃ ~‐25 ℃)  25,731 sqft
       冷蔵(   0 ℃ ~   8 ℃)  13,021 sqft
     エアコン(15℃ ~  20 ℃)   19,976 sqft
        常温                         13,611 sqft
                    ローディングベイ           14,900 sqft
                    その他(事務所等)        12,600 sqft
対応商品: 冷蔵・冷凍加工品、常温食品、エアコン商品(米,チョコレートなど)、青果など

特 長:
①冷凍自動倉庫を導入
在庫精度及び生産性向上を目的とした2,000パレット保管可能な冷凍自動倉庫を導入
②冷蔵エリアに通過型物流センター機能を保有
在庫保管型センターに加え、冷蔵仕分けスペースを有した通過型センター機能を具備
③フードディフェンスに対応
厳格なペストコントロールと常時監視された温度管理システム、トレーニングされたスタッフによる荷役作業、品質管理部門の設置など、フードディフェンス機能を具備

稼働日:2020年9月1日(火)


3.会社概要
社 名: Kokubu Food Logistics Malaysia Sdn. Bhd.
設 立: 2016年4月営業開始
本社所在地:Lot 808 & 809, Jalan Subang 5, Taman Perindustrian Subang, 47610 Subang Jaya, Selangor, Malaysia.
事業内容: 温度管理食品物流オペレーション業務(保管・配送・納品)


◆現地問い合わせ先
Kokubu Food Logistics Malaysia Sdn. Bhd.
担 当: 石原 (日本語、英語での対応可)
電 話: +60-12-291-0758

◆報道・取材に関するお問い合わせ
国分グループ本社(株)経営企画部 広報課  電話:03-3276-4121
〒103-8241 東京都中央区日本橋1-1-1 Mail:info01@kpost.kokubu.co.jp