グループニュース

TWSC2020において「トマーティン30年」が最高金賞を受賞

「東京ウイスキー&スピリッツコンペティション(TWSC)2020」洋酒部門において
「トマーティン30年」が最高金賞を受賞
― トマーティン原酒の特性を究極に引き出した自信作 ―

国分グループ本社(株)〔本社:東京都中央区、会長兼CEO:國分勘兵衛〕が輸入するシングルモルト・スコッチ・ウイスキー「トマーティン30年」が、5月に開催された「東京ウイスキー&スピリッツコンペティション(TWSC)2020」洋酒部門において、最高金賞を受賞いたしました。

 

1. 概要
「東京ウイスキー&スピリッツコンペティション(TWSC)」は、日本初のウイスキー&スピリッツの品評会です。昨年始まり、2回目を迎えた今年は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当初予定していた審査会をリモート審査に切り替えての実施となりました。銘柄を伏せて鑑定する厳正な審査で、洋酒部門には国内外から427点の出品がありました。最高金賞12点をはじめ、金賞79点、銀賞154点、銅賞83点を決定し、「トマーティン30年」は最高峰となる「最高金賞」に選出されました。

2.トマーティン蒸留責任者 グレアム・ユンソンからのコメント
「トマーティン30年」が最高金賞を受賞することができ、誠に感激の至りでございます。427エントリー中、受賞わずか12品の一つに選ばれましたことは最高の栄誉であり、世界に誇るシングルモルト・スコッチ・ウイスキーを造るために、トマーティンチームが一丸となって続けてきた努力の証し、と大変うれしく思っております。

3.商品特長
トマーティン・シングルモルトの伝統的なキーワードは、フルーティーとクリーミー。この二つが長期熟成によって深く華やかに表現されている原酒を求め、トマーティン蒸留所長のグレアム・ユンソンは30年以上貯蔵のバーボン樽とリフィル樽に絞り、綿密な樽選定と製品設計を実施、通常ラインアップの最高峰にふさわしいウイスキーを生み出しました。クリームのように滑らかでとろけてしまうような甘みが特長のファーストフィルバーボン樽熟成原酒を75%、トロピカルフルーツのような独特の芳香が特長のリフィル樽熟成原酒を25%使用したこのウイスキーは、フルーティーさをより華麗に、クリーミーさをより重厚に、トマーティン原酒の特性を究極に引き出した自信作です。

4.商品概要
商品名: トマーティン30年 ※木箱入り
内容量: 700ml
アルコール度数: 46度
希望小売価格: 80,000円(税別)
商品コメント: トロピカルフルーツの濃厚な風味に、とろけるバターのようなバニラの甘みが加わり、シナモンのスパイシー感と焦がしたココナッツの香ばしさが続きます。フィニッシュは、優雅でありながらリッチでクリーミー、まろやかで心地よい味わいです。ノンチルフィルタードで、落ち着いた黄金色が魅力的なウイスキーです。
発売日: 2019年10月7日(月)

5.関連WEBサイト
・ブランドサイト https://www.kokubu.co.jp/brand/liquors/tomatin/index.html
・商品概要サイト https://www.kokubu.co.jp/brand/007/701/7740144.html

 

◆商品・販売に関するお問い合わせ
国分グループ本社(株)マーケティング開発部 開発二課 電話:03-3276-4125
〒103-8241 東京都中央区日本橋1-1-1

◆報道・取材に関するお問い合わせ
国分グループ本社(株)経営企画部 広報課  電話:03-3276-4121
〒103-8241 東京都中央区日本橋1-1-1 Mail:info01@kpost.kokubu.co.jp