グループニュース

「FOOD TABLE in JAPAN 2019」 国分グループ出展内容のご案内

国分グループ本社(株)〔本社:東京都中央区、会長兼CEO:國分勘兵衛〕は、(一社)全国スーパーマーケット協会が主催する「FOOD TABLE in JAPAN2019」において、「スーパーマーケット・トレードショー2019」加工食品ゾーン、ケアフーズゾーン、生鮮ゾーン、「デリカテッセン・トレードショー2019」の計2展示会4カ所に出展いたします。


1.開催期間
2019年2月13日(水)〜2月15日(金)10:00~17:00(最終日は16:00)

2.開催場所
幕張メッセ (千葉県千葉市)

スーパーマーケット・トレードショー2019(加工食品ゾーン) 国分グループブース外観イメージ 

                                      
3.出展内容                                                                                                                                      Ⅰ.スーパーマーケット・トレードショー2019 加工食品ゾーン (小間番号7-102)        
ゾーンテーマ:“酒は国分に”                                                                                                                         
                                                                                                                                                                           
国分グループが、長年の商いで培ってきた知見をベースに、様々なデータや生活者へのアンケート調査、また、お取引先へのヒアリングなどから酒類マーケットを読み解いた上で、課題を抽出し、それに対する解決策をご提案いたします。”酒類ビジネスのパートナーには、国分グループを選んで頂きたい”との想いを23の提案にまとめ、提示いたします。

(1)提案背景 ~なぜ今、「酒類」なのか?~
   ①酒税率の段階的変更、消費税増税、日欧EPA、TPP11など、法改正や新たな協定等への対応、②人手不足など、社会構造の変     化やIoTの進化、③若者の酒離れやライフスタイル・嗜好の変化など、酒類ビジネスを取り巻く環境は大きな転換期を迎えようとし   ており、それらに対して準備を行っていく必要があります。

(2)提案要旨
   加工食品ゾーンを「エントランスゾーン」、「注力カテゴリー」、「課題解決」、「新たな価値創造」の4つのコーナーで構成し、酒     類ビジネスの拡大策を提案いたします。

  ①エントランスゾーン
  社会情勢、生活者志向の変化を俯瞰するとともに、データを基に酒類カテゴリー動向を確認し、酒類ビジネスを取り巻く環境を
  捉え、どのような課題、チャンスが存在するのかを提示いたします。

  ②注力カテゴリー
  法令やルールの変更、社会構造の変化、ライフスタイルの変化から、これからの酒類ビジネスにおいて特に注力が必要なカテゴリー
  をピックアップし、国分グループから商品、売場づくりなど、8つの項目を提案いたします

【提案概要】
 1.【ヨーロッパワイン】フランスNo.1ワイン「ロシュ・マゼ」などの商品紹介   
 2.【ウイスキー】シングルモルト・ウイスキー「トマーティン」の紹介
 3.【RTD】ご当地商品のコーナー化の提案
 4.【RTS】国分グループが注目するRTSを紹介
 5.【焼酎】地理的表示保護制度認定の焼酎を紹介
 6.【日本ワイン】JWINEメーカー16社のおすすめ日本ワインの紹介、選びやすい日本ワイン売場づくりの提案
 7.【クラフトビール】販促物を活用した買いやすい売場づくりの提案
 8.【特定名称酒】純米酒、小容量商品を中心に地酒蔵元会の商品、情報発信型の売場づくりの提案

 

③課題解決
小売業様を取り巻く課題は顕在化しているものだけでも多く存在しており、それらを解決する国分グループならではの5つのアプローチ方法を提示いたします。

【提案概要】
 9.【人手不足対策】棚替えなどの業務集中時、また日々の品出しなどに対応する人材の紹介の提案
10.【PB開発】競合との差別化に寄与する商品開発機能を紹介
11.【エントリー層へのアプローチ】酒類とのなじみが薄いエントリー層向けの施策の提案
12.【消費税増税】2019年10月に予定される消費税増税対策の提案
13.【人材育成支援】専門知識を要する酒類カテゴリーを担う人材育成支援機能の紹介

 

④新たな価値創造

生活者の潜在的なニーズを捉え、酒類マーケットの拡大に向けた10の提案を行います。
【提案概要】
14.【食卓・食シーン提案】「缶つま」シリーズ、「バリラ ムリーノビアンコ」などの紹介、
    常温商品・冷蔵商品のクロスMDの提案
15.【健康志向の高まりへの対応】「ウニクム」ハーブリキュール、「クリエイトおいしい低糖質 丸麺・平麺」の紹介、
     低糖質の お酒とおつまみを楽しむメニューの提案、健康系酒類のコーナー化の提案
16.【女性へのアプローチ】「Nihonbashi Nuts Bar」シリーズなど女性に響く商品の紹介、売場づくりの提案
17.【エシカル消費への対応】国分グループのエシカル消費への取組みの紹介、国分グループが取り扱うオーガニックワインの紹介
18.【高品質】シャンパーニュ「ジャカール」の紹介
19.【トレンドの創出】国分グループが選ぶネクストトレンドを紹介
20.【新たな飲み方の提案】本格焼酎の新たな楽しみ方を提案
21.【EC化対策・ギフト提案】ドロップシッピング機能の提案
22.【次世代販促】自宅で行った気になる“エア〇〇”施策を提案
23.【平成最後の日・即位の日・新元号スタート】2019年ならではの出来事
         (平成最後に贅沢・おなかいっぱい、即位のお祝い)に対応した提案

 

Ⅱ.スーパーマーケット・トレードショー2019 ケアフーズゾーン  (小間番号5-301)
ゾーンテーマ:「 “健康コミュニティ” ~健康寿命の延伸、生活の質の向上を目指して~ 」

健康・介護に関する市場動向や特定の栄養素に注目したレシピ、店頭でのイベントの提案、商品展示、国分グループの取組みや商品・業務提携企業の機能紹介などを行います。


(1)主な出展内容
「ロカボ」、「食物繊維・カルシウム」、「介護食」、「イベント」、「業務提携企業の機能紹介」など

(2)注目企画
  国分グループ各社の健康・介護の取組みや商品の紹介

(3)レシピ提案・試食
  管理栄養士監修のロカボメニュー提案、食物繊維・カルシウムを補うメニュー提案

 

Ⅲ.スーパーマーケット・トレードショー2019 生鮮ゾーン  (小間番号3-301)
ゾーンテーマ:「“国分日本橋イチバ” ~すべての食は日本橋に集う~」

拡大が見込まれる健康ニーズへの対応メニューと、使用する加工品や生鮮原料の調達、生鮮品の加工機能を紹介します。

(1)主な出展内容
 ①「ピタヤ/かぼちゃ」、「さば/あじ」、「チキン/希少豚」などの原料、またその加工品の紹介
 ②国分グループの生鮮ビジネスの中核を担う国分フレッシュリンク(株)の機能紹介

(2)レシピ提案・試食
   ①健康/美容への意識の高まりから、第7の栄養素として注目の「ファイトケミカル」や「抗酸化」のメニュー、レシピの提案

 

Ⅳ.デリカテッセン・トレードショー2019  (小間番号4-441)
ゾーンテーマ:バックヤードにおける「人手不足」に対する生産性向上のご提案

バックヤードにおける1日の作業スケジュールに着目したオペレーション改善策、人手を掛けない簡便調理品を使用した惣菜売場の実現をサポートします。

(1)主な出展内容
   ①「簡便調理品」、「耐熱性容器活用メニュー」、「発注簡易化システム」、「真空包装機活用メニュー」

(2)レシピ提案・試食
   ①人手不足のバックヤードでも温めるだけで提供できる「簡単オペレーション」丼具材の提案
   ②作業効率の改善策として、耐熱性容器を活用したメニューの提案