家でお酒を飲む自分のために。頑張る旦那さんのために。夕食に悩んだときのもう1品に。

飲み活ラボシリーズ

お酒は、機能系アルコール飲料※1を選ぶけど、おつまみはそのままになっていませんか?
「おつまみも健康を意識したい」、「美味しく楽しく、それでも少し健康に気遣いたい」
そうした声にお応えするのが飲み活ラボです。お酒のシーンを、飲み始め・飲みながら・飲んだ後の3つに分け、食事に気遣った”飲み活”をおすすめします。

※1 機能系アルコール飲料:糖質オフ・ゼロ、糖類オフ・ゼロ、カロリーオフ・ゼロのアルコール飲料

どんな時におすすめ? SCENE

家でお酒を飲む
自分のために。

頑張る
旦那さんのために。

夕食に悩んだときの
もう1品に。

飲み活ラボとは? CONCEPT

お酒をもっと長く、楽しく、飲み続けたい。
そんな方のための商品です。

お酒と
健康の両立

シーンに合わせて商品が選べ、たんぱく質や食物繊維などをとることができます。※栄養素は、商品ごと異なります

常備食材としても最適

テレワークなどで家から出ないときの常備食材としても最適な商品です。(賞味期間:8ヶ月~2年。常温保存可)

お手軽

難しい調理は不要です。手軽にそのまま、もしくは温めるだけで簡単に美味しく召し上がれる商品ラインアップです。

「飲み活ラボ」と「ビューティー&ヘルスLABO」がコラボレーション!
美しく健康的な生活を送りたいあなたへ、正しい情報をお伝えします。

※近日中に「飲み活」特設サイトを公開予定

飲み活ラボ「3ヶ条」

飲み始め・飲みながら・飲んだ後別に、
食事に気遣った“飲み活”をおすすめします!

飲み始めは、
オイル食物繊維をとろう

オイルは、胃での吸収時間が長く、小腸へ送る時間を遅くするため、アルコールの血中濃度を上げないカギとなります。また、食物繊維は、消化されることなく、大腸まで届く食品成分です。胃腸に長く留まるため、アルコールの吸収を緩やかにしてくれます。

たんぱく質がとれる
おつまみを積極的に選ぼう

たんぱく質は体内に入ると最終的に小腸でアミノ酸に分解・吸収され、肝臓へと運ばれます。アミノ酸は肝臓の解毒作用、アルコール代謝を促進するなど、肝機能を向上させる効果があります。

〆は軽めにし、
水分を多くとろう

水を飲むことで胃腸内のアルコール濃度を薄める効果があります。飲酒後はアルコールの利尿作用によって脱水になりやすいため、それを防ぐためにも飲んでいる最中から水を飲むことをおすすめします。

商品のご購入について

公式オンラインショップ「ROJI日本橋」にてご購入いただけます。

公式オンラインショップ