サステナビリティへの取り組み
  

環境マネジメント

環境管理体制

2018年、グループ全体を統括・管理する環境管理体制を発足させました。同時に環境管理委員会を設置し、年2回、全国の環境管理委員による環境管理委員会を開催。また、これに合わせて環境管理規程を策定し、環境に関するグループの遵守事項、対応方法を統一しました。

ヘッドクォーター 国分グループ本社
エリアカンパニー 国分北海道、国分東北、国分関信越、国分首都圏、国分中部、国分西日本、国分九州
カテゴリーカンパニー 国分フードクリエイト
事業会社 T&Dロジテム、国分ロジスティクス、デリシャス・クック、旭トラストフーズ、日本橋菓房、国分グローサーズチェーン、国分ビジネスサポート、国分ビジネスエキスパート、ナックス、千味、国分フレッシュリンク、中部食糧、クサヤ、ヤシマ、新潟酒販、りゅうせき低温流通

社員教育(新入社員研修・エリア研修)

国分グループでは、環境管理にかかわる人材育成のため、法令の説明会をはじめ、地球温暖化に関する実地研修・社内講習会などを実施しています。座学による環境基礎知識の講座により、業務を遂行する上での必要な知識や世界の動向など幅広いテーマで知識を深めています。加えて、食品や資材に関わるリサイクル施設見学会、フロン法に基づく簡易点検講習会などの実地研修を行い、座学で得た知識についての理解をより深めています。

食品リサイクル施設見学会

新入社員研修

また、持続可能な企業活動をするためには、社員一人ひとりの環境に配慮した行動が重要と考え、環境マインド=Eco-ゴコロ の醸成に取り組んでいます。国分グループ本社ビルでは、自身の健康増進と組み合わせることにより温暖化ガス削減を身近に感じてもらい、難しいと考えがちな環境活動を簡単に実践できる手段として、階段の使用による消費カロリーと削減出来るCO2の量を各階の階段に表示しています。また、東京都が主催する「チームもったいない」に参加し、国分グループ本社ビル社員食堂において、食品ロス削減のメッセージを置き、啓蒙活動を行っています。

国分グループ本社ビル階段表示

 

環境・森林研修の実施

三重県の森林を活用し、地球環境に及ぼす影響や企業経営にとって「森林保全も重要な要素の一つである」ということを間伐体験を通して学んでいます。毎年全国から参加者を募集し、座学、実習を織り交ぜての研修で参加者が自ら考え、事業活動と環境保全についての取り組みを見つめなおす機会となっています。

森林間伐体験