国分のソリューション

情報システム機能

安全・安心の情報インフラを実現しています。

独自に構築された情報システムが、グループの成長を支えます。

効率的でロスのない流通のカギとなる情報。国分グループでは、「オープン化」「集中化」「機能分散・結合化」をコンセプトにシステム構築を行い、流通のあらゆる変化へのきめ細かな対応と全国規模で拡大する巨大な取引量への対応を実現しています。こうした情報システム機能は「事業拡大と事業環境変化への迅速な対応」「収益力の向上」「新事業への展開」などに活用され、グループの安全・安心な事業インフラとして365日24時間稼動しています。

独自に構築された情報システムが、グループの成長を支えます。のイメージ図

3つのシステムが連携し、拡大する事業にしなやかに対応します。

国分グループの情報システムは、財務会計を中心とした業務管理系システムであるKMS、物流・受発注系システムであるKLS、営業情報を取り扱う情報・分析系システムのKISの3つに分かれています。それぞれのシステムが独立しつつ、有機的に連携することによって、日夜拡大する国分グループの事業にフレキシブルに対応しています。また、これらのシステムが取り扱う情報をリアルタイムでバックアップする通信衛星を活用した災害対策も完備。国分グループの情報インフラは、いかなる時でも働き続けます。

3つのシステムが連携し、拡大する事業にしなやかに対応します。のイメージ図
  1. 情報システム機能