特徴

マーチャンダイジング機能

日本最大の消費エリアである首都圏に全国の地域密着メーカーの商品を拡販していく事が使命と考えます。国分グループの各エリアカンパニーや地域のメーカーから情報を収集し、積極的に商材発掘をしていきます。また首都圏の歴史にフォーカスし、昔より伝わる首都圏地域の商品を目利き力を発揮し、発掘と販売を推進し地産地消に貢献します。

情報の集まる首都圏にて食の先端情報に敏感に反応し、食にまつわるカルチャー、トレンドと商品、メニューの提案を進めます。

国分首都圏の独自機能

商品の発掘力を活かしたカタログ販売を展開しています。中元・歳暮の贈答品から産直商品まで、幅広い商材展開を行っています。

食の多様化に対応したお得意先PB商品の開発や国分首都圏独自の首都圏エリア向けオリジナル商品の開発を行っています。

国分首都圏ではマーチャンダイジング機能の一つとして新規業態・販路開拓の機能を持っています。既存のお得意先だけではなく食に関わるあらゆる販路を切り開いていきます。

リテールサポート機能

日本最大の食品消費エリアに所在する当社のお取引先は、量販店、コンビニエンスストア、百貨店、ドラッグストア、独立小売業、酒販店、ネット通販、外食チェ-ン、料飲店など多岐にわたります。あらゆるお取引先の多様なニ-ズを読み解き、商品、物流、サ-ビスを創造・提供することが小売業支援=リテールサポ-トの根幹機能であると考えます。「欲しいモノを欲しい人にお届けする」機能を、国分グル-プ本社のリテ-ルサポ-ト機能と緊密に連動し推進していきます。

物流機能

地域に根差した独立小売業から全国エリアで展開される組織小売業まで、広範な物流ニーズに対応すべく、一都五県(東京・神奈川・千葉・埼玉・山梨・静岡)のエリアを26拠点で網羅。人とシステムと機械の力を融合させた効率的な物流機能提供を目指しています。

物流拠点

複数の顧客向け「汎用センター」を27拠点、特定の顧客向け「専用センター」を14拠点配置。常温・低温・冷凍の「3温度帯総合センター」を首都圏エリアに4拠点配置し、常温から冷凍まで顧客ニーズに対応したフレキシブルで多性を備えた物流拠点を展開しています。

拠点 住所 カバーエリア
拠点三郷ドライ流通センター 〒341-0059
埼玉県三郷市インター南1-3-1
東京・千葉・埼玉・神奈川
西東京総合センター 〒196-0021
東京都昭島市武蔵野2-10-23
東京・神奈川・埼玉
神奈川流通センター 〒243-0807
神奈川県厚木市金田1073
神奈川
千葉流通センター 〒276-0022
千葉県⼋千代市上⾼野1952-3
千葉
甲府流通センター 〒400-0853
山梨県甲府市下小河原町135
山梨

他21拠点