会社案内

沿革

  新潟酒販の沿革
1949年(昭和24年)
  • 新潟酒販株式会社創立(7月22日)、営業開始。(資本金500万円)
1950年(昭和25年)
  • 新潟市上大川前通9番町に本社社屋新築移転。
1952年(昭和27年)
  • 資本金増資。1,000万円になる。
1955年(昭和30年)
  • 売上高10億円の大台突破。
  • 資本金増資。2,000万円となる。
1958年(昭和33年)
  • この年、直営荷捌所7場、委託荷捌所13場で、直営主力の販売網の基礎ができあがった。
1960年(昭和35年)
  • 資本金増資。4,000万円となる。
1962年(昭和37年)
  • 新潟、新津、巻、柏崎、高田、村上、佐渡の7直営荷捌所を支店とする。
1965年(昭和40年)
  • 資本金増資で6,000万円となる。
  • 新潟市堀之内325番地に新社屋、新潟市上大川前12に新潟支店が完成、営業開始。
1968年(昭和48年)
  • 株式会社福安本店設立。
1969年(昭和44年)
  • 社是「信用と信頼」制定。
1971年(昭和46年)
  • 電算機を県内卸売業界トップをきって導入。
1974年(昭和49年)
  • 資本金増資1億2,000万円となる。
1979年(昭和54年)
  • 売上高100億円の大台突破。
1980年(昭和55年)
  • オリジナル商品第1号本醸造清酒「長寿梅」発売。
1985年(昭和60年)
  • 全店オンライン化完了。
  • 売上高150億円の大台突破。
1988年(昭和63年)
  • 「企業理念」制定。
1989年(平成元年)
  • 売上高200億円の大台突破。
1991年(平成3年)
  • 当社電算機と得意先酒販店を結ぶ「NSネットワーク」始動。
1995年(平成7年)
  • PB商品「角兵衛獅子」(吟醸酒)、 「越後獅子」(別選本醸造酒)を売り出す。
  • 新販売物流支援システム「NSHUB」(NS=新潟酒販、HUB=基幹)が本格稼働。
1997年(平成9年)
  • (株)新発田酒販と合併、新発田支店発足。資本金1億5,000万円となる。
  • 売上高300億円の大台突破。
1999年(平成11年)
  • 創業満50周年を迎え、「新潟酒販株式会社50年史」刊行。
  • (株)福安本店と合併し、資本金1億5,800万円となる。
2000年(平成12年)
  • 新「企業理念」制定。
2004年(平成16年)
  • 新潟酒販OB会「酒和会」発足。
2011年(平成23年)
  • 受注センター開設。
2012年(平成24年)
  • 寺山物流センター開設。
2017年(平成29年)
  • 国分グループ㈱の出資を受け入れ、国分グループ入り。