グループニュース

国分北海道、缶つまJAPAN「サッポロビール園 ラム肉ジンギスカン風」を新発売

― 「缶つまJAPAN」シリーズ第四弾 ―
国分北海道、「サッポロビール園 ラム肉ジンギスカン風」を発売
~サッポロビール園の定番メニューが缶つまに!~

国分北海道(株)〔本社:北海道札幌市、代表取締役社長執行役員:黒澤良一〕は、サッポロビール園〔(株)新星苑、所在:札幌市東区、代表取締役:松本一郎〕の監修により開発した「サッポロビール園 ラム肉ジンギスカン風」を、「缶つまJAPAN」シリーズの第四弾として発売いたします。

1.開発背景
北海道内の素材を生かした「缶つまJAPAN」シリーズの第四弾として、サッポロビール園監修のもと、同園の定番メニュー「ジンギスカン」が味わえる缶つまを開発いたしました。

※サッポロビール園は、年間約58万人が来園される観光名所であり、かつては製麦工場として使用されていた1890年建設の歴史的建造物“ 開拓使館”等で、現在は生ビールやジンギスカンを味わえる場所となっています。

2.商品概要
商品名: 缶つまJAPAN サッポロビール園 ラム肉ジンギスカン風
規格: F3号缶
内容量: 70g
希望小売価格: 北海道エリア 600円(税別)、北海道以外のエリア 700円(税別)
賞味期間: 36ヶ月
特長: 5mm程にスライスしたラム肉を「サッポロビール園」の定番メニューである、ジンギスカン風に仕上げました。しょうゆベースに果物と香味野菜の甘味と酸味をバランス良く味付けしたラム肉をお楽しみください。

3.発売日
・北海道エリア 2018年8月10日(金)
・北海道以外のエリア 2018年8月24日(金)

<お問い合わせ先>
国分北海道(株)マーケティング部 事業開発課  TEL:011-350-6309