グループニュース

国分北海道、「缶つまJAPAN」シリーズ第三弾を発売

~北海道産のジビエとひまわり畑ポークが缶つまに~

国分北海道(株)〔本社:北海道札幌市、社長:黒澤良一〕は地域密着卸として道内の素材を生かした「缶つまJAPAN」シリーズの第三弾2品を発売いたします。

         

1.商品概要

商品名:  缶つまJAPAN 北海道産エゾシカ肉トマト煮
希望小売価格: 北海道エリア 800円(税別)、北海道以外のエリア 900円(税別)
内容量:  75g
賞味期限:  36ヶ月
特長:  北海道産のエゾシカ肉を、北海道産のトマトピューレ、香味野菜、ワイン等でじっくり煮込みました。エゾシカ肉は、「エゾシカ食肉事業協同組合」(所在地:北海道斜里郡斜里町新光町、理事長:曽我部元親)が認証する食肉処理施設で処理されたものを使用しております。北海道産トマトピューレの甘味と爽やかな酸味が、柔らかなエゾシカ肉の旨味を引き立てる一品です。

商品名:  缶つまJAPAN 北海道名寄産ひまわり畑ポーク豚丼風味 味噌味
希望小売価格: 北海道エリア 600円(税別)、北海道以外のエリア 700円(税別)
内容量:  75g
賞味期限:  36ヶ月
特長:   日本最北の養豚場「(有)北名ファーム」(所在地:北海道名寄市智恵文、代表取締役:菊地英寿)で育てた『ひまわり畑ポーク*1』を、北海道の味噌『紅一点*2』や、砂糖、醤油、香味野菜等で味付けしました。味噌のコクと甘辛醤油の深い味わいが、柔らかい肉によく染み込んだ一品です。

*1 ひまわり畑ポーク: 肉質向上のために、オレイン酸が豊富なひまわり油の絞りかすを飼料に混合し飼育した豚肉
*2 紅一点: 明治25年創業の岩田醸造(株)(本社:北海道札幌市中央区、代表取締役社長:岩田洋二)のメインブランドである味噌

2.発売日
・北海道エリア  2018年5月1日(火)
・北海道以外のエリア 2018年5月10日(木)

3.販売エリア
全国

お問い合わせ先:国分北海道(株)マーケティング部 事業開発課 
TEL:011-350-6309

以上