グループニュース

『酒類の未来を考える』を発信

国分グループ本社(株)〔本社:東京都中央区、会長兼CEO:國分勘兵衛〕は、酒類の未来予測である『酒類の未来を考える』を作成し、得意先へ新たなソリューション提案を開始いたしました。

 

1.    背景
国分グループは、第10次長期経営計画で標榜する「食のマーケティングカンパニー」の実現のため、マーケティング企画部を主管に「未来予測」をテーマとした食の未来を読み解く提案で、グループ全体のマーケティング力と営業力の強化に取り組んでいます。その一環としてこの度、酒類の未来予測として『酒類の未来を考える』を作成・発信しました。

2.    目的
『酒類の未来を考える』は、さまざまなデータ分析や生活者へのアンケート調査、メーカーへのヒアリングなどから、酒類マーケットを読み解き、その未来がどうなっていくのかを示した未来予測です。そこから「何が売れるのか、どうやれば売れるのか」という提案活動につなげていくことを目的にしています。

3.    概要
Ⅰ.酒類市場のこれまで                
Ⅱ.酒類市場のこれから  
Ⅲ.カテゴリー別動向予測
Ⅳ.将来に向けての考え方
Ⅴ. 参考資料

4.    発行日
2017年7月