グループニュース

国分関信越㈱、「缶つまJAPAN 鹿島灘はまぐり酒蒸し」を開発

国分グループ本社(株)〔本社:東京都中央区、会長兼CEO:國分勘兵衛〕は、国分北海道(株) 〔本社:北海道札幌市、社長:黒澤良一〕に続き、国分関信越(株)〔本社:栃木県小山市、社長:大久保徳政〕がエリアで独自に開発した缶つまである、「缶つまJAPAN」シリーズの第二弾を発売いたします。

1.発売日
2017年7月17日(月)海の日

2.商品概要
商品名:    缶つまJAPAN 鹿島灘はまぐり酒蒸し          
希望小売価格:    4,000円(税別)
規格:        100g
入数:        12入
賞味期限:      36ヶ月
特長:
鹿島灘はまぐりは、太平洋に面した長く美しい砂浜がある茨城県の鹿島灘で育つ特産品。貝の模様が美しく、身は大きく、食感やうま味に優れることから、料亭などでも重宝されている食材の一つ。身を一つずつ丁寧に取り出し、地元大洗町の㈱月の井酒造店の清酒で柔らかく酒蒸しにしました。濃厚なうまみで噛みしめるごとに潮の香りが口いっぱいに広がります。原料の供給元は大洗町漁業協同組合です。

販売先:      茨城県のスーパーマーケット・百貨店、及び観光スポット等で地元のおみやげとして販売予定。

3.今後の展開
はまぐりは対になっている貝殻でなければぴったりと合わないことから、仲の良い夫婦をあらわす縁起物でもありますので、結婚式の引き出物としても提案をしていきます。

お問い合わせ先:国分関信越(株)マーケティング部 TEL:0285-25-7331

詳細は添付ファイルをご覧ください。

以上