グループニュース

「栃木県産とちおとめジャム使用 いちごカステラ」を発売

国分グループ企業の日本橋菓房(株)〔本社:東京都中央区、社長:髙橋典裕〕は、国分関信越(株)〔本社:栃木県小山市、社長:大久保徳政〕との共同開発による「栃木県産とちおとめジャム使用 いちごカステラ」を発売いたします。

1.開発背景
栃木県はいちごの一大名産地であり、エリア発信の栃木県産とちおとめジャムを使用したいちごカステラを、本社が栃木県に所在する国分関信越(株)と共同開発いたしました。
いちごジャムの原材料である「とちおとめ」はJA全農とちぎ様に供給をしていただいており、パッケージに「たちつてとちぎ」のマークを入れて安全・安心を、栃木県のキャラクター「とちまるくん」のロゴで県産商品をアピールし、栃木県の名物商品となることを目指していきます。


2.発売日
2017年7月4日(火)


3.商品概要
商品名:   栃木県産とちおとめジャム使用 いちごカステラ
希望小売価格:400円(税別)
内容量:   5個入 個包装トレイ入り
賞味期限:  45日
特長:          生地には栃木県産とちおとめで作ったいちごジャムを使い、100%国内製造。
             色鮮やかなピンク色の可愛いカステラがフィルム個包装で5切入っています。
             おみやげ品としても最適です。

販売エリア:    関信越・首都圏を中心とした東日本エリアの小売店、おみやげ店、観光スポットなど


詳細はPDFファイルをご覧ください。